フェアウインドきのリハビリテーション科です!

事業者番号:2650680081

フェアウインドきのリハビリテーション科のページにようこそ!

当施設は強化型老健施設として、洛北岩倉地域における高齢者の生活支援に力をいれています!

「地域で元気にいつまでも!」

 をモットーに、いつまでも住み慣れた地域で暮らせるように、入所・通所・訪問リハビリを通して、様々な支援を提案します。


▶フェアウインドきのリハビリテーション科の紹介


▶リハビリテーション科の動画紹介


☆「きのリハ」の特徴は?

1)リハビリ専門職の理学療法士、作業療法士、言語聴覚士が所属している

2)入所、通所、訪問といった総合的な在宅生活支援をしている

3)在宅復帰予定者には毎日リハの提供体制がある

4)地域事業所との連携力

5)法人内貢献、地域貢献の理念


◎介護老人保健施設とは?

介護老人保健施設は、住み慣れた地域で暮らし続けるために、リハビリをはじめとする自立支援を行う施設であり、病院と家をつなげる「中間施設」ともいわれています。またご家庭で暮らしている間に経年的に機能低下される場合もあります。リハビリのみならず、医学的管理や適切なケアを通して、家での暮らしができるように支援しています。

病院は疾患の治療を目的としたリハビリを行いますが、介護老人保健施設では介護負担の軽減やご本人の生活動作の改善、認知症の進行予防を目的としたリハビリを実施します。


◎施設概要

1階:ご自宅からリハビリに通っていただく、通所リハビリテーション(デイケア)サービスとリハビリ科となります。

2階:在宅復帰予定者、ショートステイ対象とした在宅支援中心としたフロアです。

3階:長期療養者、介護がより必要な方を中心としたフロアです。

 

医師の指示に基づき、看護、介護、リハビリ、栄養士、相談員等と協力して、在宅復帰のみならず、医学的管理の中で長期療養者のケアにも力を入れて地域支援を行います。



新着情報

移乗動作の合同勉強会

リハビリテーション科とデイケア職員との勉強会です。

 

今回は経験2年目の芦田OTが担当しました。

 

担当利用者様で、移乗動作介助に困っていたので、基本的な方法を学びなおした後に、ケース検討です。

 

介護職からはトイレ場面で体が硬直してしまうという声。よりよい方法をみんなで一緒に考えました。

 

移乗動作には単に筋力だけでなく、動作を行う意味や背景、環境設定、タイミング、ご家族の思いなどなど、様々な関連因子があります。

 

一人の利用者様に、よりよいサービス・意義深いサービスを目指して力を合わせるチームに感動でした・・・

続きを読む

送迎車への乗り込み練習

ワゴン車への乗り込みができると、通所サービスの利用幅が広がります。

当施設にも車椅子でのりこめる車がありますが、数に限りがあります。

 

理学療法士が乗り込み動作の能力評価を実施し、介護職員に最適な方法を伝達しています。

 

足の力が弱くなると、さまざまな能力を総動員する必要があれば乗あります。

最適な手の置き場、足の置き方、右足から?左足から?、座る場所の確認は?

などなど・・・

 

身体能力のみならず、環境設定や認知機能、リスク管理方法などについて確認をしています。

ぜひとも元気に通所してください!!

 

 

訪問リハビリでのヒトコマ

地域では連携力が大切といわれています。

訪問リハビリでは、他事業所のヘルパーさんや看護師さんと協働する場面がたくさんあります。

 

先日、ご自身で身体を動かすことが困難な利用者様のポジショニング方法について、訪問介護事業所の方と相談しました。この事業所のマネージャーさんは、褥瘡予防ケアやポジショニングに詳しい方で、体圧測定器をお持ちで、より快適な姿勢づくりを一緒に検討しました。

 

脳梗塞後遺症になると、筋肉の緊張が高まるケースがあります。骨盤から足部にかけてのセッティングをポジショニングピローで実施し、その効果を可視化していただきました。

 

写真では0表記になっていますが、実際測定したところ30mmHgあった仙骨部の圧が18mmHgまで減少しました。

 

こうして成果が見えるようになると、支援者もやる気になれます(笑)

 

日々学ぶことが多い訪問リハビリからのひとコマでした・・・

 

 

0 コメント

アクセス

リハビリテーション科への問い合わせ

メモ: * は入力必須項目です


メモ: * は入力必須項目です