フェアウインドきのリハビリテーション科です!

事業者番号:2650680081

フェアウインドきのリハビリテーション科のページにようこそ!

当施設は強化型老健施設として、洛北岩倉地域における高齢者の生活支援に力をいれています!

「地域で元気にいつまでも!」

 をモットーに、いつまでも住み慣れた地域で暮らせるように、入所・通所・訪問リハビリを通して、様々な支援を提案します。


▶フェアウインドきのリハビリテーション科の紹介


▶リハビリテーション科の動画紹介


☆「きのリハ」の特徴は?

1)リハビリ専門職の理学療法士、作業療法士、言語聴覚士が所属している

2)入所、通所、訪問といった総合的な在宅生活支援をしている

3)在宅復帰予定者には毎日リハの提供体制がある

4)地域事業所との連携力

5)法人内貢献、地域貢献の理念


◎介護老人保健施設とは?

介護老人保健施設は、住み慣れた地域で暮らし続けるために、リハビリをはじめとする自立支援を行う施設であり、病院と家をつなげる「中間施設」ともいわれています。またご家庭で暮らしている間に経年的に機能低下される場合もあります。リハビリのみならず、医学的管理や適切なケアを通して、家での暮らしができるように支援しています。

病院は疾患の治療を目的としたリハビリを行いますが、介護老人保健施設では介護負担の軽減やご本人の生活動作の改善、認知症の進行予防を目的としたリハビリを実施します。


◎施設概要

1階:ご自宅からリハビリに通っていただく、通所リハビリテーション(デイケア)サービスとリハビリ科となります。

2階:在宅復帰予定者、ショートステイ対象とした在宅支援中心としたフロアです。

3階:長期療養者、介護がより必要な方を中心としたフロアです。

 

医師の指示に基づき、看護、介護、リハビリ、栄養士、相談員等と協力して、在宅復帰のみならず、医学的管理の中で長期療養者のケアにも力を入れて地域支援を行います。



新着情報はフェイスブックにて更新中!

フェアウインドきのリハビリテーション科フェイスブックで新着情報をお知らせしています!



令和4年度 リハビリテーション科事業計画(要点)

令和4年度 リハビリテーション科 事業計画(要点)

【はじめに・年度方針】

21年度は介護報酬改定に伴い、①リハビリテーション実施計画書のデータ提出、②人員減への対応と業務効率化(リハマネ加算算定)、③マシンリハの導入(自主トレ推進)、④フロアとの協業(訪問指導・重度支援・生活リハ担当など)に対応した。

 

22年度はリハビリ科13名となり、組織強化を最優先課題とする。新たな仕組みづくり、ジェネラリストの育成、ルールや役割の明文化を行い、これらに必要となる「企画力」「折衝力」を育む一年とする。さらには、「科学的介護」の本質となるデータに基づく臨床を充実させる1年とする。

 

【教育目標】

・臨床実習指導者講習会の受講(岸本、高田、塚本、荒砂)

・臨床実習指導の受け入れ継続

PTOT協会の加入と学会参加

・全国老健大会演題登録

・定例勉強会の開催

 

【組織目標】

・新組織体制づくり(7月目標)

・キャリア形成に必要な能力開発(リーダー・サブリーダー制)

・各部門の役割や取り決めの明文化

・データ収集・解析の推進

 

 

※22年度リハビリテーション科事業計画より


実習生の皆さんへ

フェアウインドきのリハビリテーション科では、近隣のリハビリテーション養成校より実習生を受け入れています。資格をもった理学療法士、作業療法士、言語聴覚士の指導のもと、適切な検査・評価を実施していただき、未来の医療人育成に貢献しています。

実習生の皆さん向けたページ「実習生の皆様へ」を作成しております。実習の手引きや注意事項などを掲載していますので、事前にご確認ください。



アクセス

リハビリテーション科への問い合わせ

メモ: * は入力必須項目です